チラシ,印刷み

ビル

チラシを作る場合のサイズと印刷と注目度

チラシの印刷の基本は、サイズの場合には、A4ということですが、当然ながらあえてもっと違う形で印象付けるという方法もあります。
他のチラシがすべてA4での印刷の場合には、よほど印象が違わないと、あえて自分たちの広告だけ見てもらえるという可能性は少なくなります。
それで違う形にして、注目してもらうという方法もあります。
はがきサイズのものも見ますが、その場合には、確かに確認をしたりします。
新聞のチラシの場合には、小さなもので重いものは、配達している時に、落ちてしまう場合があります。
それを本当はもう一度入れるべきですが、そうせずにそのまま配達する場合も多くなります。
本来はそれではいけないのですが、実際は、新聞配達では、急いで配達をするということですので、ターゲットの人たちのところまでいかない場合も多くなります。
とくに、重いチラシは、新聞の折り込みにはなじみません。
サイズと重さということでは、新聞の折り込みではよく考えるべきでしょう。